アフィリエイト入門ブログ~それなり

イチから始めるアフィリエイト入門ブログ

スポンサーリンク

アドセンスを始める前に押さえておくべきポイント2~独自ドメインの更新料を見逃しがち~

 

f:id:sorenari77:20180515155934j:plain

前回に引き続き、Googleアドセンスに登録する上で押さえておきたい基本の基本を紹介します。今回は、独自のURLの取得に関するポイントです。なお、アドセンスで使えるブログサービスの基本について知りたい方は、まずは前回の記事をご覧ください。

前回紹介したように、Googleアドセンスに登録するには独自ドメインのブログが必要です。この独自ドメインは、ドメインの取得サービスを使って、自分で取得する必要があります。

 

ドメイン取得サービスの有名どころには、以下などがあります。 

 

お名前.com 」「ムームードメイン 」ともに、利用の手続きは簡単です。

自身の情報を登録し、取得したいドメインが使えるかどうかをチェック、利用可能であれば取得の手続きをする、取得したドメインをブログに設定するという流れが一般的です。

 

更新料を計算に入れないと予期せぬ出費に

ここでポイントなのが、上に紹介した2つのドメイン取得サービスのバナーを見るとわかるように、ドメインにはかなり安く取得できるものもあるということです。

たとえば1円で取得できる独自ドメインと、独自ドメインが利用できる無料ブログ(ライブドアSeesaaなど、詳細は前日記参照)を組み合わせれば、初期投資は1円で独自ドメインのブログを持つことは可能です。(※注※アドセンスの申請について紹介するWebなどを見ると、一般的なドメイン(.comやjp、netなど=ある程度の登録料がかかることが多い)の方が審査に通りやすいという説もあるので、一応チェックしておくといいと思います)

初期投資が1円であれば、「たとえアフィリエイトに失敗して無駄になっても構わない」と思う人がほとんどだと思うのですが、ドメインを維持するには更新料がかかる点に要注意です。

 

たとえばこの記事を書いている時点で、お名前.comでは登録料1円で提供されている「.Work」というドメインがありますが、こちらの更新料は2年目で年間990円ですし、登録料99円で提供されいている「.info」ドメインの更新料は2年目で1490円です。

さらにこの更新料は、2年、3年と使用年月が伸びるごとに高額になっていくのが一般的です。独自ドメインを選ぶときは、更新料もチェックしておきましょう。

「更新料を払っても良い」と思えるだけの成果がアフィリエイトで得られれば問題ないのですが、必ずしもそうなるとは限りません。

更新料を払うと赤字になるようなら、「独自ドメインはスパッと解約する!」という心づもりがあればいいのですが、ブログ自体はそのまま続けたい場合、独自ドメインから無料のドメインに戻すと、それまでに得たリンクなどが無になるなど、何かしらの問題が発生しがちなことは覚えておきましょう。

 

どんなサービスを使って、どのようなブログで申請するかを決めたら情報収集開始

前回、今回と2回に渡り書いてきたように、Googleアドセンスを申請するためのブログをどうするかは、選択の余地がいろいろあります。

どういったサービスを使うか(無料で独自ドメインが使えるブログを使う、自身がすでに使っている無料ブログを有料プランにして独自ドメインを使うなど)を決めたら、その方法について紹介しているWebを検索して情報収集をしましょう。

 

たとえばライブドアブログで無料のまま独自ドメインを使いたいなら「ライブドアブログ 無料 独自ドメイン」「ライブドアブログ  Googleアドセンス」などをキーワードに検索すると、ライブドアの無料ブログに独自ドメインを設定し、Googleアドセンスに登録する方法を紹介した多くのWebサイトがヒットします。

一方はてなブログを有料化して独自ドメインを取得したいなら、「はてなブログ 独自ドメイン Googleアドセンス」のようにキーワードを設定して検索すれば、目当ての情報が得られるでしょう。

また、Googleアドセンスの登録方法、審査のためのブログ作成のコツを紹介しているWebサイトも多数あるので、「Googleアドセンス ブログ 審査」「Googleアドセンス 登録」などをキーワードに、そうした情報もチェックしておきたいところです。


なお、こうした情報収集で大切なポイントとなるのが、情報の更新日が新しいWebサイトを参考にすることです。Googleアドセンスの登録登録条件は変化しているので、数年前の情報だと古い場合があります。

たとえば数年前までは「独自ドメインのブログでなくても登録はOK」だったので、その頃に作られた解説サイトには「独自ドメインを取ろう」という記述がないものもあり、それを信じて手続きをすると努力が無駄になってしまいます。

  • 情報の公開または更新日が新しいWebサイトを参考にする
  • 同じような情報を扱うWebサイトを数個チェックして情報の正確さを確認する

というポイントを押さえて情報収集すれば、Googleアドセンスの登録に必要な情報は簡単に集めることができますよ。